Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

細くても意外とパワフルな奥様

ピンポーンとマンションのインターフォンを押すと笑顔で出迎えてくれたのは華奢な感じのボブヘアの女性。促されるように入っていって、軽く部屋チェック。応募した動機などを聞いて、いきなりプロではない女性に大していやらしいことをしてみて、と命令。困惑しながらも自分の感じるところを触り、「そこが感じるの?」と聞かれると赤面して、頷く姿にわくわくしてしまいます。そして、肉棒も差し出すと簡単に大きくしてくれちゃいます。普段は家族でくつろいでいると言うリビングで挿入。外に出す約束だったのに中へ!驚いた顔も可愛いねw