Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

女ばかりの世の中では若い男の肉体が貴重

昔若い男ばかりが流行の病に倒れ、かなりの割合で発病した場合そのまま息を引き取ったといいます。そして街には女性が溢れ働き手も稼ぎも男よりも女が中心となっておこなっていたそうです。また、子供を産もうにも相手の少ない彼女たちは、お金を払って若い男性を求めた。自分を愛してほしいと思う時代は終わり、好きになってもらえなくてもいいから、あかちゃんを作るための種を欲しがった。一人の男は毎日別の女を抱き後腐れなく行為を楽しみました。生でしかも蜜壺の中にたっぷりたまった欲求を出しても怒られるどころか感謝されるのです。夢のような時代ですね。鬼畜な男は酷いプレイを楽しんだようですが、女たちは泣きながらも喜ぶのです。