Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

映画館内で見知らぬおじさんに奪われる蜜ツボ

付き合ったばかりの彼と初めてのデートは映画だった。ドキドキしながら恋愛もののストーリーに浸っていた。彼を見るとスクリーンに釘付けで感動している様子だった。気合を入れて超マイクロミニのスカートで来たのがまずかったのだろう。隣のおじさんが私のふとももを撫でていた。ひざ掛けをかけていたので、その手に彼が気付くことはなかった。それをいいことに手はスカートの中へ侵入し、パンツごしに割れ目をなぞった。その瞬間体に電撃が走ったようにビクッと動いでしまった。私のその反応を見るとおじさんはニヤニヤしながら、隙間からゴツゴツした指を入れ思いっきりかき混ぜた。大音量の館内にいたため私のはずかしい音はかき消されたけど、それから体が疼いてしかたがない。