Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

小さな人間の棲む街に漂流した探検家

酷い嵐に襲われ船は大破し、気の破片にしがみついてようやく辿りついた島があった。そこには見たこともない小さな人たちが大勢住んでいた。彼らにとっては何十倍も大きな生物が突然やってきたのだから厳戒態勢に入り、私はロープで縛り上げられた。科学者のようなチームが現れると体を調査しはじめた。服は切り取られ恥ずかしい格好で彼らの前に立たされ、微かな刺激で私は感じてしまっていた。その証拠に乳首は固くなりピンと立っていた。急に形を変えた突起物に興味津々な彼らは集中して触り始めた。あそこからはドクドクと汁が太ももまで流れ、いっそのこと誰でもいいから穴を満足させてほしかったが、恐らくここには代わりになる大きなバッドはないだろう。