Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

触ってほしくて寝ている彼の手を拝借

付き合ってまだほんの少ししか経っていない私たち。出逢ったばかりでお互いに一目惚れということもあり、すぐに交際が始まった。優しい反面、私のことを気遣ってかなかなか手を出してこない。そんな奥手な彼に私の体はムズムズしっぱなし。同じ布団で横で気持ちよさそうに寝ているのを見ながら一人でこっそりパンツを濡らすこともあった。この前どうしても我慢できなくなって、熟睡しているのを確認して私はパジャマを脱いだ。そして彼の手をとりわたしの秘部にそっとこすりつけた。ゴツゴツした太い男の人の指で触れる感覚は自分のとは全然違ってかなり興奮した。私の愛汁でベトベトになる指を穴に出し入れして私は果てた。本当は起きてたのかな?