Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

戦国時代に棲む敵国の奴隷たちの生き方

この時代多くの人たちが毎日ネズミ以下の生活を強いられていた。男たちは肉体労働、体力がなく働けないモノや、老いたもの、幼きものたちは容赦なく切り捨てられたという。そして女たちは辱めと屈辱を受け相手の機嫌を損なわぬよう見苦しい程の媚を売って生き延びていくのだ。兵たちが面白半分に自分たちの汚物を食わせてみたり、裸で踊らされたり、夫の目の前でいたぶり犯されることもあった。それでも生きていたいと思うものは死より残酷で苦しい日々が続くのであった。男女を差別しない現代では考えられない身の低さだが、この頃は無理矢理孕ませられることも少なくなかったという。