Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワールドカップ最終予選日本対オマーン戦

日本代表は怪我で主力選手3人を欠きながら、しかもアウェイの苦しい戦いになると予想されていた。気温も35度以上で選手にとっては厳しい条件付きの試合だった。日本で期待されているホンダ選手は極寒の国ロシアからオマーンに到着後、中二日で試合に挑んだ。結果はどうなるのかとヒヤヒヤしながらの試合観戦が始まった。すると前半、数少ないチャンスから清武がA代表初ゴールで先制点を上げた。そこから何度もカウンターにあい、幾度もゴールを脅かされたが、どうにか守りきった。そして運命の後半戦、このまま逃げ切ると思っていた試合終了10分前、まさかのカウンターから同点にされ、嫌な空気が漂う…このまま終わってしまうのかとあきらめかけた最後のワンチャンス!途中交代の酒井からのクロスを岡崎が合わせ見事勝利をおさめた。